海にいきたい

しかし人生は続く

その場しのぎはもうやめよう。

 
私が何か別のことに気を散らしているあいだに、一人遊びをしている間に、時はきてしまった。いや、まだ来ていないとしても時が今にも迫ってくるという様相です。
私は何を見ても何を聞いても言葉の堂々巡りにしか思えず、その理由は、きっと、
自分の言葉の間隙を自分の言葉だけで埋めつくして、一人よがりでやっていこうという白々しさに他ならなかったのだなぁと
今から一年前までを振り返るのです。
そしてそれは私自身の内側のみならず、数多くの、複数の人同士の集団の中でも当たり前に起こっていて、
それは、私がそうだったように、核心の問題から気をそらすために口をうごかして言葉を滑らせているにすぎなくて、そのように感情をぶつけ合えばその場しのぎで時間とひきかえに気分をすっとさせているのだと自分を納得させることができる。
私は、少なくとも私は、その場しのぎが、嫌になってしまったのです。
その場しのぎをしていないか、というのは常に自分に問い続けていたいと、そのように思います。